トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 創業支援事業を強化、平成29年度は過去最高の47件が創業(尾道商工会議所)

地域最前線

創業支援事業を強化、平成29年度は過去最高の47件が創業(尾道商工会議所)

 尾道商工会議所(広島県、福井弘会頭・福井亀之助商店)は、尾道中小企業支援センターと連携し、創業支援を強化している。

 平成29年度は、過去最高となる47件の創業を支援した。業種としては飲食店が16件と多く、次いで菓子・パン製造小売り、衣服など小売りが各6件、そのほか学習塾、美容院、障害者就労支援、ゲストハウスなど多岐にわたる。創業者の年齢層は30代が最も多く全体の40%を占め、尾道や近隣市町在住者が30人(60%)。U・Iターンで創業した人も17人いた(36%)。

 この結果を踏まえ、同所と同センターは今後もさらに創業支援を強化していく方針だ。

 尾道中小企業支援センターは平成13年、創業希望者の創業支援や既存の中小企業の経営革新計画・補助金申請などを支援する専門相談窓口として同所内に設置され、尾道市、三原市、世羅町を管轄地域として多くの創業支援を行ってきた。開設当初から創業希望者は増加傾向にあり、県外から尾道での創業希望者も増えている。同所は日本遺産に選ばれた尾道の魅力が創業の増加につながっているとして、今後にも期待をかける。

 尾道中小企業支援センターは、http://onomichi-cci.or.jp/management/establishment/を参照。

 

   尾道商工会議所http://onomichi-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/