トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 中国のキャッシュレス社会を視察(福井商工会議所)

地域最前線

中国のキャッシュレス社会を視察(福井商工会議所)

 福井商工会議所(福井県、川田達男会頭・セーレン)国際ビジネス委員会は3月4~8日、「中国のキャッシュレス社会」視察のため、浙江省杭州市(せっこうしょう こうしゅうし)と上海市へ視察団を派遣した。

 同視察団は、同所議員を中心とした会員企業経営者ら総勢28人。中国において急速に普及しているモバイル決済とこれを活用した新たなサービスの現状把握を目的に、モバイル決済によるセルフレジを導入しているスーパーチェーン「盒馬鮮生(フーマーシェンション」や、同社を傘下に置く中国の代表的電子商取引(EC)企業「アリババグループ」、越境ECサイト「コアラ」を運営する「網易(ワンイー)」などを視察した。

 また、福井県と友好提携を締結している浙江省経済交流促進機構への表敬訪問も行った。同機構は、両省県の経済分野での交流を促進する目的で設置された組織。両省県は今年、友好提携25周年を迎えることから、今年中に双方の代表団を相互派遣することや、今後も交流を深化する意向を確認した。

 視察参加者は、「中国も人口減少が進展しており、モバイル決済はレジ担当スタッフの削減に貢献しているようだ。一方で、スマートフォンを使いこなせない高齢者が社会の流れから取り残されたり、悪意のある二次元コードを読み込んで詐欺に合ったりするなどの問題も生じている。しかし、課題はあっても『実践しながら改善する』『まずはやってみる』という中国のビジネスのスピード感を肌で感じた」と話している。

 (写真:野菜市場の店頭でQRコードをスマホで読み取る様子)

 

 

 

   福井商工会議所http://www.fcci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/