トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 12月4日に電通大と連携協定を締結しました(鯖江商工会議所)

地域最前線

12月4日に電通大と連携協定を締結しました(鯖江商工会議所)

 鯖江商工会議所(福井県、黒田一郎会頭・アイテック)は昨年12月4日、電気通信大学および鯖江市と相互連携協定を締結した。

 同大学は理工系単科大学で、IoTやビッグデータなど幅広い分野の研究者がおり、昨年には国立大学で初のAIに関する研究センターを設置した。また、10件ほどの産学連携の案件を検討しており、東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、筋肉の微小な電気信号を利用した筋電義手などについて企業と連携し事業化を図る予定だ。同所の黒田会頭は、同協定の締結式で「いかにして成果に結びつけるかが、商工会議所の責務と感じる。若者に夢を与えるまちにしていきたい」と思いを述べた。

 

   鯖江商工会議所http://www.sabaecci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   中小企業関連情報https://www.jcci.or.jp/sme/