トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 店主の顔イラスト活用し飲食店活性化、「オヤマップン」プロジェクト開始(小山商工会議所)

地域最前線

店主の顔イラスト活用し飲食店活性化、「オヤマップン」プロジェクト開始(小山商工会議所)

 小山商工会議所(栃木県、大森武男会頭・大森一級建築士事務所)は11月15日、飲食店活性化プロジェクト「オヤマップン」をスタートした。

 同プロジェクトは、個人飲食店の店主の顔イラストを店舗情報と共に掲載したマップを作成、配布し、個性ある「店主のキャラ」をアピールして店への集客を図ろうというもの。小山市内の22店舗が参加している。マップはQRコード付きでお店の詳細が検索でき、3店舗分のスタンプを集めると、各店が作成している「オヤマップンシール」が1枚もらえるという特典も付いている。

 店主がイラストそっくりというだけでお店に親しみが生まれ、地元住民ばかりでなくホテルの宿泊客にも好評だ。シール目当てにお店を回る人も増え、開始2週間でマップは品薄状態に。また、この取り組みは、参加した飲食店同士の連携にもつながっているという。

 マップは、小山市内の参加店で配布中だ。

 

 

 

   小山商工会議所http://www.oyama-cci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttps://www.jcci.or.jp/region/town/