トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 20日に「関市地域観光遺産(せき遺産)」を認定(関商工会議所など)

地域最前線

20日に「関市地域観光遺産(せき遺産)」を認定(関商工会議所など)

 関商工会議所(岐阜県、坂井勇平会頭・ガーバサカイ)などで構成する地方創生プロジェクト委員会は20日、「関市地域観光遺産(せき遺産)」を認定した。

 同認定事業は、関市の伝統、歴史的建造物、自然、文化など、遺産と呼ぶにふさわしいものを「せき遺産」として認定するもの。地域の観光資源の新たな魅力を発掘するとともに、ブランド化とPRを通してより多くの観光客を呼び込むことを目指す。今回認定されたものは、「関の刃物」、「小瀬鵜飼」、「関善光寺」、「寺尾ヶ原千本桜」、「高澤観音」、「高賀神社」、「西国三十三観音塔」、「名もなき池(通称:モネの池)」、「株杉」の計9件。

 詳細は、https://peraichi.com/landing_pages/view/sekiisanを参照。

 

   関商工会議所http://www.sekicci.or.jp/

   地域振興情報https://www.jcci.or.jp/region/

   観光ナビhttps://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   まちナビhttps://www.jcci.or.jp/region/town/