トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 『民法改正 取引はどうなる?』取引・契約担当者向けセミナーを開催(東京商工会議所)

地域最前線

『民法改正 取引はどうなる?』取引・契約担当者向けセミナーを開催(東京商工会議所)

 

東京商工会議所は、1116()に東京都千代田区にて「『民法改正 取引はどうなる?』顧客トラブルを防ぎたい取引・契約担当者向けセミナー」を開催する。
 売掛金などの債権分野を中心に、民法が120年ぶりに大改正された。民法は商売の最も基本的なルールであることから、改正の影響はほとんど全ての企業に及ぶ。そこで、日頃から顧客との契約内容の交渉や締結に関わっている方を主な対象に、法改正の重要ポイントや、トラブルを防止策についてのヒントについて、髙井総合法律事務所弁護士の髙井章光先生からご説明いただく。


※参加者に日商・東商が民法改正のポイントを分かりやすくまとめた有料パンフレット「民法改正 取引はどうなる?」1冊を贈呈。

 

 詳細はhttp://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-80966.htmlを参照。