トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 冊子『知恵で拓くeco経営~無理なく、無駄・ムラなくして経営力向上~』を作成(京都商工会議所)

地域最前線

冊子『知恵で拓くeco経営~無理なく、無駄・ムラなくして経営力向上~』を作成(京都商工会議所)

 京都商工会議所(京都府、立石義雄会頭・オムロン)は、冊子『知恵で拓くeco経営~無理なく、無駄・ムラなくして経営力向上~』を作成した。

 同冊子は、環境負荷の低減と企業の経営力向上の両立を目指す普及啓発ツールとして、京都府の企業の代表的な取り組み事例を紹介している。事例として、運送業におけるエコドライブや、製造業における「グリーン商品」(環境負荷の低い製品)の開発・販売、旅館業における省エネのためのエネルギーマネジメントシステム導入などが掲載されている。

 同所では、環境と経済が両立した持続可能な地域社会の実現を目指し、平成21年度より「京商・環境行動計画」を作成してきた。今回は、同冊子の作成を通じて企業の環境経営への取り組みを後押しする。

 詳細は、http://www.kyo.or.jp/co2/pdf/k14_keikaku2017.pdfを参照。

 

 

 

   京都商工会議所http://www.kyo.or.jp/kyoto/

   中小企業関連情報https://www.jcci.or.jp/sme/

   ものナビhttps://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/