トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 子供の体験活動推進へ末松文部科学大臣と意見交換

日商ニュース

子供の体験活動推進へ末松文部科学大臣と意見交換

 日本商工会議所の岩田圭剛副会頭・教育委員長(札幌・会頭)は16日、子供の体験活動推進に向けた末松信介文部科学大臣との対話に出席し、全国の商工会議所の活動などを紹介した。会合には、経済界から日商、経団連が出席したほか、文部科学省主催の「青少年の体験活動推進企業表彰」の受賞企業であるサントリーホールディングス、リコーの2社が取り組み事例を発表。今年2月に文科省が取りまとめた「教育進化のための改革ビジョン」に基づき、学校と企業の連携による子供たちの「リアルな体験」機会の充実に向けて意見交換を行った。

 岩田副会頭は、全国の商工会議所が実施している「まちゼミ」「しごと体験」「体験型授業」「職場体験」などの活動を説明するとともに、事業推進に向け、コーディネート機能の支援拡充の重要性を指摘。末松大臣は、子供たちに豊かな体験機会を提供するため官民が一体となって取り組む「子供の体験活動推進宣言」を発表し、経済界と連携して体験活動の量的・質的充実、働く人が学校や地域の活動に参加しやすい環境づくり、学校と地域・企業の連携体制の構築などに取り組む考えを表明した。

(写真提供:文部科学省) 

 

20220616_体験活動意見交換会_要(提供:文部科学省).JPG

 

 

   教育進化のための改革ビジョンhttps://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/2020/1413767_00007.htm

   雇用・労働https://www.jcci.or.jp/sme/labor/

   日商AB(文科省)https://ab.jcci.or.jp/tag/314/