トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 外務省・経産省とミャンマー情勢で意見交換(日本メコン地域経委)

日商ニュース

外務省・経産省とミャンマー情勢で意見交換(日本メコン地域経委)

 日本・東京商工会議所に事務局を置く「日本メコン地域経済委員会」(委員長:鈴木善久・伊藤忠商事取締役副会長)はこのほど、外務省から植野篤志国際協力局長と小林賢一南部アジア部長、経済産業省から広瀬直通商政策局長(現経済産業審議官)を招き、「ミャンマー情勢意見交換会」を開催した。会合には会員企業関係者ら70人が出席。今年2月のクーデター発生以降、混乱の続くミャンマー情勢について話し合った。

 現地では、事業停止や撤退を検討する企業もあり、ミャンマーとビジネスを行う日本企業の活動に大きな影響が出ている状況。出席者からは、今後の治安リスク、ASEANとの連携状況、ODAの今後の方針、邦人のコロナ対策など幅広い分野の課題について指摘があり、最新情報を踏まえた対応の方向などについて意見交換が行われた。

 日本メコン地域経済委員会は、ミャンマー連邦共和国商工会議所連合会(UMFCCI)との合同会議を15回開催するなど、長年、同国とのビジネス交流拡大に向けた活動を展開中。ミャンマーを含めたメコン地域の投資・ビジネス環境に関する情報収集や調査・研究、当該国・地域の政府・経済界との交流に力を入れている。

 委員会の詳細は、https://www.tokyo-cci.or.jp/about/international/mekong/を参照。

 

   国際関連情報https://www.jcci.or.jp/international/

   日商AB(日本メコン地域経済委員会)https://ab.jcci.or.jp/tag/2294/