トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 機関誌「石垣」2021年6月号(2021年6月10日発行)、特集は「ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた戦略 観光NEXTの仕掛け人」

日商ニュース

機関誌「石垣」2021年6月号(2021年6月10日発行)、特集は「ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた戦略 観光NEXTの仕掛け人」

日本商工会議所の機関誌「石垣」の最新号(20216月号、610日発行、535円)の特集は、「ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた戦略 観光NEXTの仕掛け人」。コロナ禍の影響が最も大きい業種の一つである観光業にフォーカスし、全国一斉まちゼミ世話人会 代表・岡崎まちゼミの会 代表の松井洋一郎さんと商い未来研究所 代表の笹井清範さんの対談、やまとごころ(東京都新宿区)、バリューマネジメント(大阪府大阪市)といった新たな観光の在り方を提案している仕掛け人たちの戦略に迫り、ウィズコロナ、アフターコロナの観光について考察する。「あの人を訪ねたい」には、ナレーター・俳優の高川裕也さんが登場。「こうしてヒット商品は生まれた!」では地域のソウルフード、玉林園(和歌山県和歌山市)の「グリーンソフト」、「リーダーの横顔」では玉野商工会議所の山根一人会頭を取り上げる。

定期購読のお申し込み、バックナンバーのお求めは、https://ab.jcci.or.jp/ishigaki/まで。

 

「日商Assist Bizhttps://ab.jcci.or.jp/を参照。