トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「全国商工会議所観光振興大会2020 in 金沢」を開催-1200人以上が集い、地域の個性の再発見や古き良きものの新たな可能性などについて学ぶ-

日商ニュース

「全国商工会議所観光振興大会2020 in 金沢」を開催-1200人以上が集い、地域の個性の再発見や古き良きものの新たな可能性などについて学ぶ-

 

 日本商工会議所は2月13日から15日まで、金沢商工会議所、石川県商工会議所連合会との共催で「全国商工会議所観光振興大会2020 in 金沢」を石川県金沢市等で開催。16回目を迎えた今大会は「守るチカラ。創るチカラ。~伝統と革新~」をテーマに、全国199商工会議所・連合会等から、1,228 名が参加した。

 

 13日の分科会では、「地域の食文化」「広域連携による観光」「老舗の技と伝統」「インバウンド対策」「新しい観光の可能性」をテーマにパネルディスカッションが行われ、どの会場も盛況となった。同日夜の全体交流会では、石川県産食材や地酒を楽しみながら、観光の取り組みの情報交換を通じて交流を深めた。

 

 翌14日の全体会議では、(株)加賀屋相談役の小田禎彦氏による基調講演に続き、全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞を受賞した、ひたちなか商工会議所によるほしいも魅力発信プロジェクトの事例紹介のほか、パネルディスカッションでは、コーディネーターと5名のパネリストを迎え、前日の分科会の5つのテーマの内容を踏まえ、今後の展望について議論が行われた。また、2019年度「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」表彰式が行われるとともに、各地の観光振興に活かすための「金沢アピール」の採択などが行われた。その後、参加者は、金沢の歴史や文化、産業をめぐる10コースのエクスカーションに参加した。

 
 次回の大会は、2020年11月11日(水)から13日(金)まで、沖縄県那覇市等で開催する。

 

  

〔ご参考〕金沢アピール