トップページ > ニュースライン > 廃業時における「経営者保証に関するガイドライン」の基本的考え方について(経営者保証に関するガイドライン研究会)

ニュースライン

廃業時における「経営者保証に関するガイドライン」の基本的考え方について(経営者保証に関するガイドライン研究会)

経営者保証に関するガイドライン研究会

(事務局:日本商工会議所・一般社団法人全国銀行協会)

 

廃業時における「経営者保証に関するガイドライン」の基本的考え方について

(経営者保証に関するガイドライン研究会)

 

 「経営者保証に関するガイドライン研究会」(座長:小林信明(長島・大野・常松法律事務所弁護士))は、「廃業時における『経営者保証に関するガイドライン』の基本的考え方」(以下「基本的考え方」という。)を取りまとめました。

 

 本基本的考え方は、中小企業の廃業時に焦点を当て、中小企業の経営規律の確保に配慮しつつ、現行の「経営者保証に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)の趣旨を明確化したものです。

 

 本基本的考え方が、主たる債務者・保証人、対象債権者及び保証債務の整理に携わる支援専門家の理解の一助となり、中小企業、経営者及び金融機関において、ガイドラインが広く活用され、ひいては日本経済全体の発展に資することが期待されます。

 

・資料:廃業時における「経営者保証に関するガイドライン」の基本的考え方

 

 

※本日、「中小企業の事業再生等に関する研究会」((座長:小林信明(長島・大野・常松法律事務所弁護士))において、「中小企業の事業再生等に関するガイドライン」が取りまとめられ、公表されています。両ガイドラインが一体的に運用されることで、迅速かつ円滑な私的整理手続に資することが期待されます。