トップページ > ニュースライン > 森林整備への支援を通じて脱炭素に貢献している企業等の取組を顕彰する新たな制度「森林×脱炭素チャレンジ2022」の募集開始(林野庁)

ニュースライン

森林整備への支援を通じて脱炭素に貢献している企業等の取組を顕彰する新たな制度「森林×脱炭素チャレンジ2022」の募集開始(林野庁)

 

林野庁では、民間企業や団体等が支援をして行う森林整備の取組は、2050年カーボンニュートラルの実現にも資するものであるとして、森林整備による地球温暖化対策を国民運動として展開するうえで、これら取組のさらなる拡大を図るため、標記顕彰制度を創設し、本日(18日)から募集を開始した。【募集チラシはこちら

本制度では、企業等が支援をして行った造林・保育等の森林整備について、以下2つの点に着目して募集されている。

(1)整備した森林に係るCO2吸収量

(2)森林整備の取組内容

 同庁では、応募のあった企業等を、森林整備を通じて脱炭素に貢献する「グリーンパートナー」として同庁HPでの紹介等を行うほか、上記(1)(2)の結果を踏まえ、特に優れた取組を顕彰(グランプリ(農林水産大臣賞)、優秀賞(林野庁長官賞)を選定)する。

 

詳細については、以下参照。

【募集期間】2022218日(金)~202248日(金)

【応募先】森林×脱炭素チャレンジ2022事務局(林野庁林政部企画課内)

Mailforest_co2_challenge@maff.go.jp

URLhttps://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/forest_co2_challenge.html

  ※実施要領や応募申請書等、関連資料については上記URLよりダウンロードが可能。

 

◆本件に係る問い合わせ先

林野庁林政部企画課

担当者:森林×脱炭素チャレンジ2022事務局

代表:03-3502-8111(内線6063

ダイヤルイン:03-3502-8036