トップページ > ニュースライン > 「多様な人材の活躍に関する要望」について

ニュースライン

「多様な人材の活躍に関する要望」について

 

「多様な人材の活躍に関する要望」について

 

 

日本商工会議所・東京商工会議所(ともに三村明夫会頭)はこの度、標記要望を決議しましたので、お知らせします。中小企業の景況感は新型コロナウイルスの影響により依然として厳しく、雇用情勢も予断を許さない状況が続いております。女性・外国人・高齢者・障害者など、「多様な人材の活躍」推進は、労働力人口の減少への対応のみならず、ビジネスに多様な視点や価値観を取り込むという観点で、変革期にあるわが国企業の発展と日本経済の持続的な成長にとって極めて重要かつ不可欠な要素であるとの認識のもと、本要望を取りまとめました。当所では本要望の実現に向けて、厚生労働省や法務省、内閣府等に対して働きかけて参ります。

 

【要望項目】

1.女性の活躍推進

(1)【重点】中小企業における女性活躍推進の取組支援

(2)【重点】働く女性の主体的なキャリア形成支援

(3)女性の就労を阻害する税・社会保障制度の見直し

(4)【重点】仕事と育児の両立支援

(5)【重点】保育の量・質の確保

2.外国人材の活躍推進

(1)【重点】入国制限の緩和と感染防止水際対策との両立

(2)中小企業の特定技能制度の活用支援

(3)【重点】特定技能制度の活用促進に向けた制度改善の検討

(4)技能実習制度の運用適正化

3.高齢者の活躍推進

(1)企業と高齢者とのマッチング機能の強化・拡充

(2)改正高年齢者雇用安定法の幅広い周知

(3)高年齢雇用継続給付の激変緩和措置に係る中小企業への配慮

(4)審議会委員、労働審判員の年齢要件の撤廃

4.障害者の活躍推進

(1)中小企業における障害者雇用の拡大に向けた支援の強化・拡充

(2)従業員100人以下の中小企業に対する障害者雇用納付金制度の適用除外継続

5.就職氷河期世代の就職支援

 

 

〇多様な人材の活躍に関する要望(本文)

 

〇多様な人材の活躍に関する要望(概要)

 

 

【問合せ先】日本・東京商工会議所 産業政策第二部/杉崎・清田・須田(TEL03-3283-7940