トップページ > ニュースライン > 物産展「渋沢栄一のおもてなし〜王子飛鳥山の茶室 無心庵から」を初開催(東京商工会議所)

ニュースライン

物産展「渋沢栄一のおもてなし〜王子飛鳥山の茶室 無心庵から」を初開催(東京商工会議所)

 東京商工会議所 北支部(越野充博会長・越野建設()社長)は、10月28日(木)・29日(金)、東京商工会議所1階多目的スペースにて、物産展を開催します。

 北区は渋沢栄一が晩年から余生までを過ごしたゆかりの深い土地です。北区に拠点を置く当支部では、新一万円札の採用やNHK大河ドラマ『青天を衝け』の放送が決定して以来、同区の魅力をより一層区内外に発信するため、様々な事業を展開してまいりました。

 本イベントでは、北区の魅力的な事業者・製品と渋沢栄一をより多くの方に知っていただくために、北区の銘品や渋沢栄一にちなんだ商品を6者が販売します。会場には、渋沢栄一が海外の要人をもてなした「王子飛鳥山」の茶室 無心庵にちなんで、組立茶室「禅庵」を設置します。また、展示コーナーでは大河ドラマ「青天を衝け」渋沢千代役の橋本愛さんがナレーターを務める、スポット紹介動画「飛鳥山公園DEEP散策」のダイジェスト版を放映。実際に飛鳥山公園に設置されているパネルの内容も展示し、渋沢栄一にまつわるディープなエピソードとともに紹介します。

 

詳細は、https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1027935を参照