トップページ > ニュースライン > 「海外進出企業向け 安全対策セミナー」を開催(外務省)

ニュースライン

「海外進出企業向け 安全対策セミナー」を開催(外務省)

 日本企業の海外進出が進み、企業関係者の活動地域が広がる中、日本人がテロをはじめとする凶悪な事件や、一般犯罪、事故・災害、感染症、社会運動等の危機・混乱に遭遇する危険性が高まっています。

 海外進出企業にとって、海外におけるさまざまな不測の事態を想定し、駐在員や出張者の安全を確保することが重要な課題となっています。 そのような中で、外務省は、組織と個人が講じるべき対策・対応等、安全管理体制強化に向けたセミナーを開催します。

 当日は、海外危機管理に詳しい政府関係者および危機管理専門家が、外務省が作成した「ゴルゴ13の海外安全対策マニュアル」等も活用しながら、政府の取組や海外における安全上の脅威(感染症、一般犯罪、災害、テロ、誘拐等)に対する安全対策、有事発生時の初動対応等について演習を交えて講演。外務省からは、8月1日から開始される海外在留邦人向けのワクチン接種やアジア地域での安全確保について、株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツからは、海外で頻発しているデモへの企業としての対応について演習を行います。

 

 詳細・お申し込みは、以下をご参照ください。

 https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/safety_seminar20210729.html