トップページ > ニュースライン > 2月25日(木)「プライバシー影響評価(PIA)のススメ~取組みの必要性とビジネスへの生かし方」オンラインセミナーを開催(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC))

ニュースライン

2月25日(木)「プライバシー影響評価(PIA)のススメ~取組みの必要性とビジネスへの生かし方」オンラインセミナーを開催(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC))

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、2021年2月25日(木)「プライバシー影響評価(PIA)のススメ~取組みの必要性とビジネスへの生かし方」と題し、Zoomビデオウェビナー方式でセミナーを開催する。

 

 IoT、AIなどの活用でDX化が加速する中、個人の属性から移動・行動履歴などを含むパーソナルデータを利活用する場面も急増している。パーソナルデータは利用価値が高い反面、プライバシー保護との両立が難しいなど課題もある中、今、事前に個人へのプライバシーの影響を評価するPIA(プライバシー影響評価)への取組みが注目されている。

 

 そのような中、令和2年個人情報保護法の施行に先駆け、JIPDECが原案を取りまとめた「JIS X 9251 情報技術-セキュリティ技術-プライバシー影響評価のためのガイドライン」が1月20日に発行された。

 これを受け、今回のセミナーをガイドライン発行記念と題し、個人情報保護改正のポイントから、PIAに対して取り組む必要性、推奨例等ビジネスに生かす重要なポイント等を紹介する。

 また、セミナー冒頭には、経済産業省より挨拶及び「経済産業省における関連施策」に関する講演も予定している。定員は、500名で参加費は無料(事前登録制)。

 詳細・申込は、https://www.jipdec.or.jp/topics/event/20210225seminar.html を参照。

 

 

 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)  https://www.jipdec.or.jp