トップページ > ニュースライン > ~シリコンバレー以外のテックハブをご紹介~日本のスタートアップ企業向けウェビナー(在日米国大使館)

ニュースライン

~シリコンバレー以外のテックハブをご紹介~日本のスタートアップ企業向けウェビナー(在日米国大使館)

米国でスタートアップと聞くとまずシリコンバレーを連想されるのではないでしょうか。しかし、広大なアメリカではシリコンバレー以外の新たなテックハブが急成長しています。

日本のスタートアップ企業およびCVCの皆様が米国からグローバル化に向けてのチャンスにしていただだきたく、特にライフサイエンスやアグテック(AgTech)産業に強いノース カロライナ州のリサーチ・トライアングル・リージョンをご紹介します。

リサーチ・トライアングル・リージョンには東海岸有数の大学や研究機関が集まり、地域一帯は大手企業からスタートアップまでハイテク産業の中心地です。同地域のエコシステムを構成しているスタートアップ企業に投資するベンチャーキャピタル、MapQuestの創設 者でアクセラレーター「techstars」の重役、そして経済開発機構の代表というそれぞれの立場から、なぜ最適な環境なのかお話を伺います。

 

<ウェブセミナー概要>

○日程:12月16日(水)午前9:30~11:00(日本時間)

○お申込期限:12月14日正午(日本時間)

○定員:先着200名

○方式:ウェブセミナー(WebEx)

○言語:逐次通訳

○登録方法:以下から事前登録をお願いいたします。

      ※事前に登録いただきました皆様に参加のURLをお送りいたします。

      https://business.form-mailer.jp/fms/ea863f98133508

○お問合せ先:SelectUSAJapan@trade.gov

 

アジェンダ(予定)

○開会挨拶 米国大使館商務部 キース・カーカム商務担当公使

○リサーチ・トライアングル・リージョナル・パートナシップ(RTRP) ライアン・コームス理事

○テックスターズ クリス・ハイヴリーSVP (MapQuest創設者)

○パパス・キャピタル カレン・レバート、ベンチャーパートナー

 

米国で事業展開をしたい、米国スタートアップとの協業にご興味をお持ちの企業、CVCの方のご参加をお待ちしております。