トップページ > ニュースライン > 37%の企業で、4月の売り上げが前年比3割減 ~新型コロナ影響調査~(姫路商工会議所)

ニュースライン

37%の企業で、4月の売り上げが前年比3割減 ~新型コロナ影響調査~(姫路商工会議所)

 姫路商工会議所(兵庫県、齋木俊治郎会頭・山陽色素)が姫路市内の事業所約1130社を対象に実施した新型コロナウイルスの影響調査(令和2年5月7~15日)によると、景況感を示す「業況判断指数」は緊急事態宣言が響き、リーマン・ショック時の水準まで落ち込んだことが分かった。

 4月の売り上げは、「前年同月比で3割以上減少した」と回答した企業が37%に上った。全体の6割強を占める小規模事業者に限ると44%が「3割以上」、23%が「5割以上」の減少を訴えた。業種別では、飲食・宿泊業の72%、小売業の23%で売り上げが半減した。

 また国や県の支援制度の認知度をたずねたところ、国の持続化給付金は84%が「知っている」と回答したが、「利用したい」と答えたのは38%にとどまった。

 

   姫路商工会議所 http://www.himeji-cci.or.jp/

   中小企業関連情報 http://www.jcci.or.jp/sme/