トップページ > ニュースライン > 「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を公開(情報処理推進機構)

ニュースライン

「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を公開(情報処理推進機構)

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月19日、「年末年始における情報セキュリティに関する注意喚起」を公開した。

 注意喚起では、多くの人が年末年始の長期休暇を迎えるにあたり、長期休暇における情報セキュリティ対策について触れている。

 特に、「Emotet」(エモテット)と呼ばれるウイルスへの感染を狙う攻撃メールが、国内の組織へ広く着信しており、長期休暇明けはメールが溜まっていることが想定されるため、誤って不審なメールの添付ファイルを開いたり、本文中のURLにアクセスしたりしないように注意を呼び掛けている。

 

詳細は、https://www.ipa.go.jp/security/topics/alert20191219.html を参照。

 

IPA http://www.ipa.go.jp/index.html

IT関連情報 https://www.jcci.or.jp/it/