トップページ > ニュースライン > G20大阪サミットの開催結果に対する三村会頭コメント

ニュースライン

G20大阪サミットの開催結果に対する三村会頭コメント

 

G20大阪サミットの開催結果に対する三村会頭コメント

 

 

 

2019年6月29日

 

日本商工会議所

 

 

 

このたびのG20大阪サミットは、わが国が議長国として開催する初の会合であり、まずもって議長としてリーダーシップを発揮し、首脳宣言をとりまとめた安倍総理のご尽力に敬意を表したい。

 

 

 

今回のサミットでは、渦中の米中貿易戦争に端を発した保護主義化の流れに対し、G20がどこまで結束できるか、米中首脳会談他、二国間外交の行方を含めて注目された。首脳宣言には「反保護主義」といった強い表現こそ盛り込まれなかったが、自由で公正かつ無差別な貿易体制の推進という基本原則で一致できたことは評価したい。

 

あわせて、米中が二国間会談で貿易交渉の再開に合意し、新たな追加関税の発動が当面見送られることになったことを歓迎したい。両国の協議が進み、早期に何らかの妥協点が見いだされることを期待したい。

 

 

 

また、今回のサミットでは世界の持続可能で包摂的な成長の拡大に向けて、多くの分野で議論の進展が見られたと思う。とりわけ世界で加速化するデジタル経済への対応では、わが国が主導するデータ流通の国際的なルールづくりにおいて「大阪トラック」の創設が採択されたことを評価したい。また、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて、その重要性が認識され、2050年までに新たな汚染をゼロにする地球規模での具体的取り組みの枠組みに合意できたのも大きな前進である。今後実効性のある取組が進展していくことを期待する。

 

 

 

以上