トップページ > ニュースライン > 国産材CLT(直交集成板)の活用促進を呼び掛け(内閣官房)

ニュースライン

国産材CLT(直交集成板)の活用促進を呼び掛け(内閣官房)

内閣官房は、「CLT活用促進に関する関係省庁連絡会議」を設置し、CLT(直交集成板)【※】の公共建築物・商業施設等への幅広い積極活用に向けた方策を検討しています。その一環として、内閣官房では、CLT活用に関する事業者や地方公共団体等からの問合せにお答えするための「一元窓口」を設けていますので、ぜひご活用ください。

詳細は、内閣官房ホームページ(以下URL)ご参照。

 

○CLT活用促進のための政府一元窓口(内閣官房)

 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cltmadoguchi/index.html

 

【※】CLT(Cross Laminated Timber)とは、木の板を繊維方向が直角に交わるように重ねて接着したパネルで、現場施工性の良さとともに、パネル工法、部分利用といった広範な可能性があります。また、これまで木材があまり使われてこなかった中大規模の建築物などに用いることにより、木材の新たな需要や新しい産業分野の創出が期待されるものとして、地方創生の一方策としても大きな期待が寄せられています。

 >ご参考:(一社)日本CLT協会ウェブサイトhttp://clta.jp/