トップページ > ニュースライン > 計量制度の見直しについて(経済産業省)

ニュースライン

計量制度の見直しについて(経済産業省)

 

経済産業省が所管する計量法の政令が改正された。特定計量器に「自動はかり」が追加されたことに伴い、今後は自動はかりの製造事業者、修理事業者、取引又は証明に使用している者について、法令に基づく対応が必要となる。

自動はかり(ホッパースケール、充塡用自動はかり、コンベヤスケール、自動捕捉式はかりの4器種)を取引又は証明に使用している者においては、検定の受検が必要となり、また、自動はかり(上記の4器種に加え、その他の自動はかりも含む)の製造事業者、修理事業者においても新たに事業の届出が必要になる。

 

詳細は、http://www.meti.go.jp/policy/economy/hyojun/techno_infra/000_keiryou_minaoshi.htmlを参照。