トップページ > ニュースライン > 「産業」が「観光」になる ~全国産業観光推進協議会の取組み~全国産業観光推進協議会がジャパン・ツーリズム・アワードでUNWTO部門賞を受賞

ニュースライン

「産業」が「観光」になる ~全国産業観光推進協議会の取組み~全国産業観光推進協議会がジャパン・ツーリズム・アワードでUNWTO部門賞を受賞

 全国産業観光推進協議会(副会長=日商観光専門委員会須田委員長)は、9月に開催された「ツーリズムEXPOジャパン」において、長年にわたる産業観光振興の取り組みが評価され、UNWTO部門賞を受賞した。

 この顕彰制度は、ツーリズム業界の発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与、または国内・海外 の団体・組織・企業の持続可能で優れた取組を表彰するもの。産業観光は、2001年の「全国観光産業サミットin愛知・名古屋」の開催を機にその取り組みが始まったが、地域の生業(なりわい)である「産業」資源を「観光」に活かす産業観光は、年間7,000万人以上の集客を誇るニューツーリズムの旗手として発展している。長年にわたる取り組みが、今年度、国連の世界観光機関が認める、持続的に観光産業の発展に取組んだ組織を顕彰する「UNWTO部門賞」の受賞に繋がったもの。

 9月22日には、その受賞を記念し、UNWTO部門賞受賞記念「全国産業観光推進協議会シンポジウム」が開催され、須田副会長の基調講演のほか、観光産業に取り組む宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会、燕三条地場産業振興センターによるパネルディスカッションなどが開催された。

 

 詳細は、http://www.nihon-kankou.or.jp/sangyou/business/pdf/20171013114439.pdf を参照。

 

 

 地域振興情報 https://www.jcci.or.jp/region/

 まちナビ https://www.jcci.or.jp/region/town/

 観光ナビ https://www.jcci.or.jp/region/tourism/