(日本商工会議所月刊誌「石垣」99年9月号より)

 

敦賀商工会議所

空き店舗借り上げ

ギャラリーオープン


 敦賀商工会議所(福井県)では、敦賀港100周年を記念して、市内5つの商店街の空き店舗を5カ月間借り上げ、「きらめきギャラリー」をオープンした。

 ギャラリーは、「えきまえ館」「本町館」「アニメ館」「かぐら館」「相生館」の五つ。新聞折り込みで利用団体を募集し、十団体から応募があった。街づくりの市民団体、観光ボランティア団体のほか、地元商店街など多彩な団体が申し込み、それぞれの館でいろいろな催しを開催している。  

 アニメ館では、「松本零士世界展」として、宇宙戦艦ヤマトや銀河鉄道999(スリーナイン)など松本作品のセル画、ポスター48点やファンにはたまらない関連グッズを多数展示しているほか、オリジナルTシャツを販売している。  

 みなと博21の期間中は、ギャラリーとみなと博を廻るスタンプラリーも実施し、中心街への観光客を誘致をはかった。

 同所では、「空き店舗を利用したギャラリーを、市内を散策する観光客のオアシスにしたい」としている。



一覧へ戻る一覧へ戻る