(日本商工会議所月刊誌「石垣」99年11月号より)

 

水沢商工会議所

高校生がアイデア提供した
「ござえんちゃハウス」が好評


 水沢商工会議所(岩手県)は、高校生のアイデアを生かして地場産品を販売する「ござえんちゃハウス」をオープンした。
 「ござえんちゃハウス」は、同所と市商店街振興組合青年部連絡協議会による商店街交流づくり事業に、水沢商業高等学校が全面協力し、空き店舗約245平方bに開設された。店舗名は、「おいで、おいで」の意味を込め「ござえんちゃ」と名付けられた。事業費は県や市の補助金を合わせ410万円。11月までの第2、4土曜、日曜日の午前10時から午後6時まで開店した。

 市内から青空市場や行商の人の姿が消え、寂しい印象を持った水沢商業高校商業研究部の生徒たちが、街に活気を取り戻そうと同ハウス設立に協力を申し出た。店内の陳列方法や看板などのレイアウトにアイデアを提供したほか、実践活動でも販売を手掛け、ハウス運営に協力した。
 店内には、市や農協、市内の農家による野菜や菓子、特産バナナの加工品が並べられ、無料休憩所も設置された。訪れた市民らは、朝もぎトマトなど新鮮で格安な品を次々と買い求め、来店者からも好評で、生徒たちの柔軟なアイデアが商店街の活性化に一役買った。
 参加した生徒は、「商品の陳列台は低めにして、お年寄りにも買いやすいようにした。お客さんが楽しそうに買い物しているのでうれしい。今後もいろいろなアイデアを出したい」と抱負を語った。
 同所の後藤新吉専務理事は「予想以上に消費者の入りが良く、商店街への集客力アップにつながった。」と感想を述べた。
 また、続いて開設された第2号店では、市内の写真愛好者グループの協力を得て写真展を開き、あわせて特産の鋳物製品も展示された。

<お問い合わせ先>
 水沢商工会議所
住 所 : 〒023-0818 岩手県水沢市東町4
TEL: 0197-24-3141               
FAX: 0197-24-3148
担 当 : TMO推進室(mailto:mcci@rnac.ne.jp
URL: http://www.michinoku.ne.jp/~mcci/

一覧へ戻る一覧へ戻る