日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2005.05.20
◆ギネスでまちおこし 西川材(間伐材)で巨大木馬作成
飯能商工会議所



同所会頭からギネス認定の報告を受ける飯能市長
      (世界最大級巨大木馬『夢馬(むーま)』の前で)


 飯能商工会議所(埼玉県)が、特産の西川材(間伐材)を使って製作した巨大木馬「夢馬(むーま)」がギネスブックで「世界最大」と認定された。「むーま」は高さ・長さが4.8メートルある揺れ動くロッキング式の木馬。昨年12月にギネスに申請し、4月28日に認定された。

 「むーま」の製作は、(社)国土緑化推進機構「緑と水の森林基金」の助成事業として行われ、森林・林業の役割や大切さを広く一般に感じてもらうことや、西川材の用途の多様性をアピールすることを目的としている。木馬は2003年11月から市民参加のイベントとして数回に分けて製作、昨年7月に完成式が行われた。

 同所では、「波及効果として、環境はもとより、教育・観光・商工業の振興に利用したい」と話している。

 

会議所ニュースへ   街づくり情報ナビゲーターへ

ものづくり情報ナビゲーターへ 観光振興ナビゲーターへ