日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2004.02.17

◆空き店舗を活用して「ボックスショップ」をオープン
市原商工会議所

 市原商工会議所(千葉県)は、八幡宿駅前の空き店舗対策事業として、来月6日にボックスショップ「八幡宿わくわくステーション びっくり箱」をオープンする。

 本事業は、空き店舗に約70個ほどのレンタルボックスを設置し、そのボックスに出店者が作成したビーズアクセサリーやキーホルダーなどオリジナル商品を陳列し販売してもらう仕組み。ボックスは3種類あり、出店料はその大きさにより異なる(2千円〜3千円/月)。

 同商工会議所では、駅前の活性化とともに若者からお年寄りまで気軽に参加し協力しあえるお店を目指している。オープン時の出店者は既に決まっているが、出店の連続利用は原則3ヵ月までとなっており、随時、出店希望者を募集している。詳細は、市原商工会議所(0436-22-4305)まで。
 


会議所ニュースへ   街づくり情報ナビゲーターへ

ものづくり情報ナビゲーターへ 観光振興ナビゲーターへ