日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2003.12.03

◆小諸の特産品である幻の「白土じゃがいも」を使った     
  ポタージュスープを発売

小諸市TMO

 小諸商工会議所(長野県)が事務局を務める「小諸市TMO」は、地元の御牧ヶ原台地で生産された「白土(はくど)じゃがいも」を原料にポタージュスープのレトルト食品「御牧ヶ原(みまきがはら)ポタージュスープ」を商品化し発売した。

 同商品は、「そばのまちづくりと特産品開発部会」に設置された「特産品開発研究会」が開発。特産品の中から「幻の食材」となっている白土じゃがいもを取り上げ、昨年11月、「第1回じゃがいも祭り」で料理コンテストを開催。出品料理の中から全国にPRできるスープの商品化を決定した。

 同商品は、去る10月5日の「信州小諸ふーどまつり」で発売直後に完売。このため、急遽、10,000パックを追加生産した。1パック(180g)230円(税込み)、贈答用の箱詰め5袋セット1,300円(税込み)、同10袋セット2,500円(税込み)となっている。なお、詳細は、同商工会議所(0267-22-3355)まで。

会議所ニュースへ   街づくり情報ナビゲーターへ

ものづくり情報ナビゲーターへ 観光振興ナビゲーターへ