日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2003.10.14

◆貧乏神神社で厄を払い、おかめ神社で福授かる
茅野TMO

 茅野TMO茅野商工会議所、長野県)の宮川街づくり協議会・宮川商業会では、地域の活性化に活かそうと、地元漬物製造業者などと共同で、「貧乏神神社」の分社を建設する準備を進めており、遊び心溢れたユニークな街の賑わいづくりへ大いに期待が持たれている。

 「貧乏神神社」は“災禍転福”(災い転じて福となす)にご利益があるとされ、ご神体は木彫りの彫刻で高さ2メートルほど。備え付けの “貧ボウ”と呼ばれる棒で神前にある「ご神木」を3回叩いてから3回蹴飛ばし、最後に豆をまいて貧乏神を追い払うという風変わりな参拝方法と「過激さ」が受けている。

 分社の設置場所は 地元漬物製造業者の店の中で、ご神体は大きな味噌たるの中に鎮座する予定。道路を隔てた「おかめ神社」と結びつけ「貧乏神神社で厄を払いおかめ神社で福を授かれば願い事が成就する」とPRし、茅野の新たな“珍”観光名所になればと期待している。

 お披露目を兼ねた入魂式は11月30日に同商業会の主催で開催される「おかめ神社例大祭」に合わせて行われる。

会議所ニュースへ   街づくり情報ナビゲーターへ

ものづくり情報ナビゲーターへ 観光振興ナビゲーターへ