日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2003.8.26

◆紋別初の大型観光ショッピングセンター
  「オホーツク氷紋の駅」が好評

TMO竃苺ハニューシティ開発公社

 紋別商工会議所(北海道)などが出資するTMO竃苺ハニューシティ開発公社が主体となり、かつての街の中心である旧紋別駅跡地を利用し、今年4月28日にオープンした「オホーツク氷紋の駅」が好評だ。

 本施設は、「中心市街地活性化基本計画」の中で次世代への財産づくり、飛躍を目指す賑わいのゾーンとして位置づけられた駅跡地に、市民から要望の多かったスーパーマーケットなどの施設を複合的に配し建設された。具体的には、オホーツク海で採れた海産物などを扱うお店がある海鮮・生鮮市場棟「オホーツク 海紋市場」と、温浴施設やレストランなどがあるアミューズメント棟「湯けむり紋別・とっかりの湯」に分かれている。

 施設建設には、国の補助事業であるテナントミックスによるリノベーション事業を活用。同補助事業で温浴施設の建設が認められた全国初の事例。また、利用者に優しい施設造りをモットーとし、段差などをなくしたバリアフリー構造となっている。

 竃苺ハニューシティ開発公社は、同施設が中心市街地活性化の起爆剤となり、さらにこの効果が他の地区にも波及していくことを期待するとともに、今後も街が賑わいを取り戻すための事業を積極的に展開していきたいとしている。

会議所ニュースへ   街づくり情報ナビゲーターへ

ものづくり情報ナビゲーターへ 観光振興ナビゲーターへ