日本商工会議所トップ | CHAMBER WEBトップ

2002.05.20

商店街が育てるチャレンジショップ
上越商工会議所

 上越商工会議所(上越TMO)(新潟県)は、商店街の空き店舗を活用して商店の経営者を育成する「チャレンジショップ事業」を実施する。新潟県の「中心商店街創業支援モデル事業」の一環で行われるもので、コンペに応募した団体の中から、上越商工会議所が選ばれた。今後、上越商工会議所、高田中心市街地活性化協議会、上越ローカル支援センター、金融機関、市民、団体等からなる「チャレンジショップ事業運営委員会」を設置し、各関係者の連携を図りながら、事業を円滑に実施する。
 同事業では、中心市街地に出店を希望する意欲的な商業者に、小区画で低廉な売り場スペースを提供する。募集区画は7区画で、1区画当たり2〜3坪程度。さらに、商店街の店主・スタッフが中心となり、顧客・商品・金銭管理や販売促進、クレーム対応等、経営ノウハウの習得や独立開業のための様々な応援を行う。最長1年間のチャレンジ終了後の本格出店の際にも、様々な支援策を用意するなど、総合的なサポートを継続的に行うところに特徴がある。
 6月3日に説明会を開催、その後、書類審査と面接による選考を経て、10月5日に開店を予定している。
 新潟県では、上越商工会議所の事例・ノウハウを他の商店街にも活用することによって、潜在的な出店希望者を掘り起こし、県内の商店街の活性化に役立てる予定。

会議所ニュースへ 街づくり情報ナビゲーターへ


 会議所ニュースについて  メールでのお申し込み
ニュースラインに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は日本商工会議所に帰属します。
Copyright 2001 The Japan Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved.