観光産業振興フォーラム

「祝日三連休化の倍増を実現させる集い」を開催


 観光産業振興フォーラム(代表幹事:堤義明)は5月28日(月)、「海の日」と「敬老の日」を月曜日に指定し祝日三連休化を倍増させる「祝日法改正案」の今国会での成立を求める「祝日三連休化の倍増を実現させる集い」を東京で開催し、観光産業の関係者など約800名が参加した。
 「集い」では、扇千景国土交通大臣のほか、堀内光雄自由民主党総務会長、太田昭宏公明党国会対策委員長、二階俊博保守党国会対策委員長、赤松広隆国会対策委員長等から、祝日三連休化の意義や祝日法改正に向けた各党の取り組みについての挨拶があった。
 祝日三連休化は、「ゆとりのある生活」と「真に豊かな余暇」をめざすために有効な方策の一つで、欧米では既に定着しており、わが国では平成12年に「成人の日」と「体育の日」の月曜日指定により実施されている。
 この「祝日法改正案」が今国会で成立すれば、旅行需要の増大等から年間7,000億円〜1兆円の経済効果が期待される。
 なお、観光産業振興フォーラムは、観光産業の発展に貢献することを目的に、観光産業や関連団体が平成11年12月に設立した組織で、日本商工会議所も参加している。

<「祝日三連休化の倍増を実現させる集い」で挨拶をする扇国土交通大臣>

<問い合わせ先>  観光産業振興フォーラム事務局
住所 : 東京都千代田区丸の内1-8-3国際観光会館8階((社)日本観光協会内)
TEL : 03-3287-2745
FAX : 03-3287-2747
URL : http://www.jftt.gr.jp/

 


一覧へ戻る