(日本商工会議所月刊誌「石垣」2000年11月号より)


仙台商工会議所(宮城県)

商店街活性化にデビットカード


 仙台商工会議所は、商店街活性化の一環としてデビットカードの決済サービスを7月から始めている。システムの端末設置が目標の倍を超えるなど好調な滑り出しとなっている。
 同所は、地域の中小商工業者のIT化を促進しようと、拠点となる「仙台地域商店街等情報化推進協議会」を設置した。協議会が決済代行業者となり、加盟店側は専用端末設置費用をかけずに導入できる。サービス開始から、専用端末機設置の申し込みは順調に伸び、9月末までに小売店を中心に約900台が設置された。また、移動端末の試験使用としてタクシー会社にも約30台導入されたほか、商店、病院や理美容業などでも導入に前向きなところが出てきているという。
 同所の聞き取り調査では、衣料品、カー用品、家具などの購買によく用いられ、20歳代後半のキャリアウーマンの使用が多いという。今後は、デビットカードでの買い物にポイントを加算するポイントシステムサービスや、カードを利用した顧客のデータから消費傾向などを分析し、各店の営業戦略に生かしたい考え。

※デビットカードは、銀行や郵便局のキャッシュカードで代金を支払い、即時決済するシステム。専用の端末が置かれた店などでカードを渡し、暗証番号を打ち込むだけで、自動的に自分の預金口座から代金が引き落とされ、店舗指定の口座に入金される。

〈問い合わせ先〉仙台商工会議所 商工振興部
          住 所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2−16−12
          TEL:022−265−8181
          FAX:022−217−1551
          E-mail:soumu@sendaicci.or.jp
          URL:http://www.sendaicci.or.jp/it_suisin/devid.html

  一覧へ戻る 一覧へ戻る