協同組合飛騨木工連合会

不況を逆手にとって地場新商品開発

〜飛騨デスクセット、高山ベンチ〜


 長引く不況の影響から高級家具の販売も低迷しており、高級家具の主要地場産業である飛騨地域の企業は経営の合理化を迫られている。このような中で、協同組合飛騨木工連合会は地場産業技術を駆使し、これまでの高級家具のイメージと異なる間伐材を利用した学習机やベンチの製品化に成功。地元小中学校に提供したところ好評を得たことから、定番商品として生産販売を開始した。組合統一規格のメリットを活かし、一括受注、共同生産による納品の迅速化を実現。また、これまで利用価値がないと思われていた間伐材利用や、木工製品特有の廃棄物処分の容易さなどから環境に優しい製品であることも特徴。商品は学習机「飛騨デスクセット」は価格3万3千円、「高山ベンチ」は15万円。

<問い合わせ先>

協同組合飛騨木工連合会
住 所 :〒506-8678 岐阜県高山市天満町5−1
    高山商工会議所内
TEL:0577-32-2100
FAX:0577-34-5379
E-mail:mokkou@takayama-cci.or.jp
URL:http://www.takayama-cci.or.jp/mokkou/deskchair/desben.html

戻る