(日本商工会議所月刊誌「石垣」2000年10月号より)

中野商工会議所

江戸時代の市、そのままに再現


 中野商工会議所(長野県)の青年部はこのほど、中野市の陣屋・県庁記念館周辺で、江戸時代風の屋台による「中野九齋市(なかのくさいいち)」を再現した。
 かつて中野には陣屋が設置されており、谷街道および草津街道の集結点となっていたことから、北信州の政治・文化・経済の要として発展してきた。また、九齋市の中心地となった「陣屋・県庁記念館」は、江戸時代の「中野陣屋」に続いて、明治時代に「中野県庁」が置かれていた場所で、当時の歴史資料や、中野市が収集した美術品が展示された。
 九齋市では、当時の雰囲気を復活させるため、戸板とよしずで作った屋台約50台を並べ、江戸時代さながらのやりとりを演出。商品にも昔ながらのお菓子などが並び、あたりはタイムスリップしたかのようで、多くの人出でにぎわった。
 また、記念館の庭では「戸板で卓球」と称した卓球大会が開かれ、お年寄りから子どもまでが参加。市体育協会卓球部の女性3人が浴衣を着て相対し、戸板の卓球台で熱戦を繰り広げた。ほかに、輪投げやくじ引きも催された。
 周囲の商店街では盆踊りや花火大会も行われ、市を一層盛り上げた。

<問い合わせ先>
中野商工会議所
住 所 : 〒383-0022 長野県中野市中央1−7−2
TEL:  0269-22-2191
   FAX:  0269-26-7007
担 当 : 青年部事務局(mailto:nakacci@coral.ocn.ne.jp
URL:http://www.m-shinano.com/nakano/nakano.htm

一覧へ戻る