エスプラナードアカサカ(東京都)

"大人の女性"がターゲットの街づくり


 商店街振興組合エスプラナードアカサカ(東京都港区)は、東京・赤坂にある商店街で、多くの企業が集まるビジネス街であるほか、付近には国会議事堂、国会議員会館などがあり、常に人通りの絶えない繁華街だ。
 平成2年に振興組合の前身である田町通り商店会会長に就任した城戸理事長(平成5年から振興組合理事長)は、「街のクリーンキャンペーン」を積極的に展開。月に一回理事長をはじめとする役員、ボランティアが商店街を掃除して回り、「街の美化」を呼びかけている。
 平成8年からは3年半かけて区による道路環境整備事業を実施、電線の地中化などを行った。組合でも理解を得たビルオーナーなどを中心に基金を募り、2,500万円を負担した。電線地中化の副産物として、変圧器が路上に置かれることになるが、これもプラスに活かすため、アート照明のモニュメントに仕立て、オシャレな街を演出している。城戸理事長は「大人の女性をターゲットにすれば、大人の男性がエスコートするので相乗効果で街は活性化する。女性は自分、夫・恋人、上司と3つの財布を握っているので経済的にも潤うはず」と分析する。
 また、街づくりについての懇談の場として毎月1回「トーク赤坂21」を開催している。その時々のテーマに沿って専門家から話を聞くなど、さまざまな立場から赤坂について語り合う場としている。埋め戻される予定だった共同溝の地下資材置き場が、同会の働きかけで公共駐車場として利用されるなど、具体的な成果もあがっている。
モニュメントに仕立てた変圧器 理事長を先頭に商店街を清掃
 

〈問い合わせ先〉商店街振興組合エスプラナードアカサカ
          住 所:〒107-0052 東京都港区赤坂3−10−5
          TEL:03−5561−9125
          FAX:03−5561−9128

  一覧へ戻る 一覧へ戻る