(日本商工会議所の機関紙「会議所ニュース」2000年7月1日号より)

豊橋商工会議所

市街地活性化へ新会社「豊橋まちなか活性化センター」を設立 


 豊橋の中心市街地を活性化し、にぎわいのある街づくりを進めようと、豊橋商工会議所、豊橋市、地元商業者らで組織された第三セクター方式の新会社「豊橋まちなか活性化センター」がこのほど発足した。
 設立総会では、発起人を代表し、佐藤元彦会頭が「新会社はビジョンを打ち出すのではなく、実施するための機関。これからが本当のスタート。失敗したら後がないという気持ちで取組みたい」とあいさつをした。
 新会社の定款を承認し、臨時取締役会で佐藤会頭が社長に就任した。設立資本金4千万円で、市、同所が各1千万円、商業者(25社)が2千万円を出資した。
 今後、
TMO構想を策定、市から構想推進事業者として認定を受ける予定。佐藤会頭は、「20年後、30年後にやって良かったと言われるような事業を手掛けたいが、今年度は、ダイエー跡地のテナント誘致などを含む『空き店舗活用事業』、『共通駐車券事業』などに取り組む。優先順位をつけて実施し、住みたくなる都心、にぎわいあふれる街にしたい」と記者会見で述べた。


<お問い合わせ先>
 豊橋商工会議所
住 所 : 〒440-8508 愛知県豊橋市花田町字石塚42−1 
TEL: 0532-53-7211
FAX: 0532-53-7210
mailto: kaigisho@toyohashi-cci.or.jp
URL: http://www.toyohashi-cci.or.jp/




一覧へ戻る一覧へ戻る