(日本商工会議所月刊誌「石垣」2000年3月号より)

大垣・津・国分商工会議所

独自のまちづくり目指し各地でTMO発足


 大垣商工会議所(岐阜県)が提出していたTMO構想が認定され、同所を運営主体とする「大垣市TMO」が発足した。ハード面では、屋台村建設、歴史的景観などを生かした交流拠点の整備、街区の総合整備、ソフト面では、商業者パワーアップ事業、「大垣商店ファン倶楽部」の結成、共通ICカードの導入など計28事業が構想に盛り込まれている。今後は市民参加の「まちづくり工房大垣」、行政、民間企業など関係機関と連携して、事業計画を策定する。田口義壽会頭は「行政、市民総参加による街づくりを進めたい。今年開催される『決戦関ヶ原大垣博』を活性化の起爆剤としたい」と話している。

<問い合わせ先>
 大垣商工会議所
住所 : 〒503-8565 岐阜県大垣市旭町6-3 
TEL : 0584-78-9111
FAX : 0584-78-9112
担当 : 中小企業経営指導相談所(mailto:chikus@ruby.ocn.ne.jp
URL : http://www.ginet.or.jp/ogakicci/

 

 三重県津市では、津商工会議所が主体となって構想を進めていた第3セクターによるTMO機関「津夢時風(つむじかぜ)」の設立総会が224日開催された。同市では、市民や商業者らが主体となり、一昨年、「中心市街地活性化推進協議会」を設置して、TMO設立のための検討作業を進めてきた。出資金は市が全体の2分の1、同所、地元商店街などで2分の1を分担し、空き店舗対策事業、リープバス運行事業、在配事業、カード事業など多彩な事業を行っていく。

<問い合わせ先>
津商工会議所
住所 : 〒514-0033 三重県津市丸之内29-14
TEL : 059-228-9141
FAX : 059-228-7317
担当 : 小西(mailto:tsucci@ztv.ne.jp
URL : http://www2.mint.or.jp/~tsucci/

 

 また、鹿児島県では、国分商工会議所から出されていたTMO構想が、このほど市から認定を受け、同所が構想推進事業者となった。今後、同所は市と連携をはかり、多目的ICカード発行、商業カレッジ(仮称)の設立、複合型商業施設の建設、巡回バス運行、タウン情報誌の発行など7事業について具体的事業計画を作成し、事業実施にあたる。西勇一会頭は「構想策定段階から行政と民間が協力するという、これまでの国分市になかった官民の連携が築けた。ソフト事業から早急に事業計画を詰めて、構想実現を目指したい」としている。

<問い合わせ先>
国分商工会議所
住所 : 〒899-4332 鹿児島県国分市中央3-12-41 
TEL : 0995-45-0313
FAX : 0995-45-5662
担当 : 岩元(mailto:tmo@ml.satsuma.ne.jp
URL : http://www.synapse.ne.jp/kokubu-cci/

 


 

一覧へ戻る一覧へ戻る