(日本商工会議所月刊誌「石垣」2000年3月号より)

江刺商工会議所

地場産業組み合わせ新商品開発


 江刺商工会議所(岩手県)が取り組んでいる新商品開発のうち、このほどあんどんと卓上ランプ、かんざしの試作品が完成した。

 この取り組みは、同所が展開している街おこし拡大事業「音・技・蔵・街フュージョン事業」の1つ。地場産品を組み合せた新商品を開発することで、新たな地場産業として地域活性化をはかるのが狙い。

 昨年7月から黒壁ガラス館の技術者と各伝統工芸の製造メーカーが協力し、デザインや製作工程などを検討しながら進めてきた。新商品は、ガラスと岩谷堂たんす、ガラスと鋳物、ガラスと鉄器を組み合せたものをそれぞれ3種類計9種類開発している。今回完成した3点のほか、灰皿、球体のランプなども製作中である。

 あんどんは、岩谷堂たんすとステンドガラスを組み合せたもので、台座部分が引き出しをつけた岩谷堂たんす。重厚さと幾何学模様のステンドガラスが調和し、アンティークな雰囲気を醸し出している。かんざしは、小枝をかたどった鋳物の櫛に、カラフルな色合いのガラス細工の飾りをつけたもので、長さ約20cm。卓上ランプは、南部鉄器の台座の上に淡い色の曇りガラスを取りつけ、ほのかな明かりを演出する。あんどんと卓上ランプは明かりを灯した時でも消している状態でもそれぞれに味わいを楽しめるよう工夫した。

 「それぞれの魅力を生かすためのデザインに苦労しましたが、身近にあると心にゆとりが生まれるようなものに仕上がった」とデザイナーは話している。

 黒壁ガラス館で試作品が展示され、評判のいい製品を量産し、ガラス館で平成12年4月から販売する予定。また同所が開設するホームページを使って全国向け通信販売も行うことにしている。

<お問い合わせ先>
 江刺商工会議所
住所 : 〒023-1111 岩手県江刺市大通り3−14
TEL : 0197-35-2514
FAX : 0197-35-2506
担当 : 指導課(mailto:esashi@rnac.ne.jp
URL : http://www.rnac.ne.jp/~esashi/


一覧へ戻る一覧へ戻る