トップページ > IT関連情報 > 第一回「複数企業で取り組む」ものづくり推進対話会(オンライン)を開催

IT関連情報

第一回「複数企業で取り組む」ものづくり推進対話会(オンライン)を開催

日本商工会議所は9月6日、第一回「複数企業で取り組む」ものづくり推進対話会をオンラインで開催した。コロナ禍が長期化するなか、生産性の向上や、ビジネスモデルの転換において複数企業で取り組んだ成功例が注目を集めていることから、既に一定の成果を出している団体・企業の話を聞き、同じ問題意識を抱える仲間と対話ができる、「『複数企業で取り組む』ものづくり推進対話会」をオンラインで開催したもの。今後、来年3月にかけて、3回の開催を予定している。

同対話会ではセミナーに加え、オンライン上で、少人数の意見交換会もあわせて実施。コロナ禍における「仲間づくり」を目指している。この少人数の意見交換会におけるファシリテーションは株式会社NTTデータ「SPLAB(スプラボ)」(※)の協力を得ている。詳細は、https://www.jcci.or.jp/it/post-356.htmlを参照。

 

(※)「SPLAB」は、社会問題解決型ビジネスに取り組むNTTデータのコ・デザインコミュニティ

 

NTTデータSPLAB http://splab.jp/

IT関連情報 https://www.jcci.or.jp/it/