トップページ > IT関連情報 > 東京ビッグサイトでスマートファクトリーJapan2018を開催(日刊工業新聞社)

IT関連情報

東京ビッグサイトでスマートファクトリーJapan2018を開催(日刊工業新聞社)

日刊工業新聞社では、5月30日(水)~6月1日(金)に東京ビッグサイトで、「スマートファクトリーJapan2018」を開催する。

 

内容は、製造現場や生産管理の先進化・効率化を目指すスマートファクトリーを実現するうえで、欠かすことのできない「IoT」や「インダストリー4.0」を搭載した情報管理システムをはじめ、製造設備・装置、その他、生産工場に関する技術・製品をわかりやすく展示・紹介するもの。

 

あわせて、経済産業省 多田明弘 製造産業局長から”Connected Industries”の実現に向けた政府の取組の進捗についての説明や2018年版ものづくり白書の概要に関する講演、飯山精器(長野県中野市。信州中野商工会議所会員)などスマートものづくり応援隊やスマートものづくり応援ツール・レシピに認定された企業による身の丈IoTの活用等の中堅・中小製造業のの取り組み事例や支援施策に関するパネルディスカッションなど講演やセミナーも多数実施される。

 

生産管理や製造現場の先進化・効率化といった点で優れた事例(工場)を選定・表彰する 「スマートファクトリー AWARD」を実施。武州工業(青梅商工会議所監事)、旭鉄工(碧南商工会議所常議員)などが選ばれ、5月30日(水)15:00から表彰式が行われる。

 

詳細は、http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/を参照。

 

日刊工業新聞社 http://corp.nikkan.co.jp/