トップページ > IT関連情報 > 【商工会議所会員限り】中国深圳メイカーズ・スタディツアーのご案内

IT関連情報

【商工会議所会員限り】中国深圳メイカーズ・スタディツアーのご案内

  現在、中小企業が直面している経営課題、「人手不足」および生産性向上に対応するためには、IT・IoT、ロボット、AI(人工知能)などの先端情報技術を利活用するとともに、グローバルにおけるビジネスの潮流を見据えた経営方針の策定が不可欠です。

 

今やものづくりの分野において、アジアのシリコンバレーと称される中国・深圳のものづくり企業の取り組みは、ドローンの世界メーカーに躍り出たDJIに代表される企業群を産み出すなど、以前の単なる委託加工先にとどまらず、シリコンバレーなどの先端ITベンチャーのパートナーとしても目覚ましいものがあります。

 

深圳では、中国政府が国策としてシリコンバレーに送り出してきた留学生が中心となって、IoT等の最先端情報技術に裏付けられたものづくり企業(いわゆる「メイカーズ」)、そしてそれらをベンチャーキャピタルやアクセラレーター、法律専門家等が支援すると言うコミュニティが形成されており、スタンフォード大学の学生の起業をベンチャー資金などが支援する米国シリコンバレーをより深化させたビジネスモデルとなっております。今や、シリコンバレーのベンチャー企業とも渡り合う能力を持つ、意思決定と行動のスピード感は、日本のものづくり中小企業の今後の展開を模索する上で大いに参考とすべきものがあると考えます。

 

つきましては、現地事情に詳しい高須正和氏(メイカーフェア深圳・シンガポール)をコーディネータとして、次のとおりミッションを派遣することにしたいと存じます。この機会に、貴所役員・議員等の皆様に、ぜひともご案内くださいますようお願い申しあげます。 

 

 

1.日  程 : 平成30年5月7日(月)~5月10日(木)

2.訪問先 : 中国(深圳・広州)

     ※ ドローンの世界シェア7割を占める「DJI」、日本向け電子機器の製造を手掛ける「ジェネシス」、メイカースペースXfactory、起業支援施設SEG Makerspace、プロトタイプ支援施設Seeed、ジェトロ広州事務所、深圳日本商工会 等(調整中)

 

3.募集人数 : 20名(最少催行人数10名)

4.概算費用 : 概算25万円

 

(通訳同行費用・共通団費を含む。参加人数が確定次第、改めて費用見積いたします)

 

5.航空会社 :日本航空(エコノミークラス)

        ※ファースト・ビジネスクラスをご利用の場合は、別途、お問い合わせください。

6.ホテル :1名1室利用(四つ星クラス)

7.申込書・申込締切 :

(1)申込書 ①ワード版https://www.jcci.or.jp/it/2017/makers_moushikomi.doc

       ②PDF版(https://www.jcci.or.jp/it/2017/makers_moushikomi.pdf

 

※上記どちらかに、必要事項を記入のうえ、担当あてメール(joho@jcci.or.jp)もしくはFAX03-6402-6140)にてご連絡ください。

 

(2)締切:平30年3月22日(木)(定員に達し次第、受付を終了します)

   ※締切日以降のキャンセルにつきましては、キャンセル料が発生しますので、予めご了承ください。

 

8.参考書籍 :

①高須正和・ニコニコ技術部深圳観察会編「メイカーズのエコシステム」(インプレス社) 

②藤岡淳一著「『ハードウェアのシリコンバレー深圳』に学ぶ」(インプレス社)

 

9.本件担当 :日本商工会議所 情報化推進部 早川・高木 電話:03-6402-6144