−えせ同和行為の排除のために−
えせ同和行為によるに被害にご注意ください!

 「えせ同和行為」とは、あたかも「同和問題の解決」に努力しているように装って、不当に寄附を募ったり、高額な書籍などを強引に売りつけたりする行為です。同和問題への無理解につけ入る「えせ同和行為」は、犯罪的行為でもあり、同和問題の解決を阻害するものです。

 「えせ同和行為に関する人権相談」は、依然として書籍等物品の購入が全体の8割以上を占めて圧倒的に多くなっています。執拗に電話をかけてきては、高額な書籍の購入や寄付金、下請けを強要するものや、一方的に送付された図書の取り扱いに苦慮して相談を寄せるケースが多くみられます。

 対応は、毅然とした態度で臨み、不当な要求は断固拒否し、必ず法務局や警察と相談・協力して「えせ同和行為」を排除しましょう。

 契約は自己責任になります!決して安易に契約を結ぶことのないようにご注意下さい。

 えせ同和行為に関する情報は、法務省人権擁護局ホームページ(「えせ同和行為」を排除するために)をご覧頂くか、各地の常設人権相談所(法務局・地方法務局・支局内)までお問い合せ下さい。


日本商工会議所


日本商工会議所
The Japan Chamber of Commerce and Industry