トップページ > ニュース > 日EU・EPA署名に対する三村会頭コメント

ニュース

日EU・EPA署名に対する三村会頭コメント

 

日EU・EPA署名に対する三村会頭コメント

 

 

 

2018年7月17日

 

日本商工会議所

 

 

 

本日、東京にて日EU首脳会談が開催され、安倍首相、トゥスク欧州理事会議長及びユンカー欧州委員長により日EU・EPAの署名がなされたことを心から歓迎する。厳しい日程の中、来日されたEU首脳の熱意に敬意を表したい。

 

米国による保護主義の動きが具体化し、米中両大国による制裁関税の応酬が世界経済に与える影響が懸念される中、合わせて世界のGDPの約3割を占める日本とEUにおいてEPAの署名がなされたことは、自由貿易の価値を国際社会に示し、グローバルな貿易・投資のルールづくりを主導する意思を示すものとして大きな意味を持つ。

 

日EU・EPAが発効すれば、コメなど一部を除く農林水産品や工業製品の全てについて欧州への輸出に対する関税撤廃が進み、これらの生産、製造、輸出に関わるわが国中堅・中小企業のビジネス拡大にも大いに資するものである。

 

早期発効に向け、速やかに日本国内及び欧州議会における批准手続きを進めるとともに、別途行われている投資交渉についても早期妥結を目指して欲しい。

 

日本商工会議所としても、各地商工会議所と連携し、日EU・EPAの活用を促し、日本産品・商品の輸出や投資拡大への支援を通じ、中小企業の海外展開を推進していきたい。

 

以上