トップページ > ニュース > 「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について

ニュース

「人手不足等への対応に関する調査」集計結果について

 

日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「人手不足等への対応に関する調査」を取りまとめました。

 

 調査結果では、人員の過不足状況について、全体の65.0%の企業で「不足している」と回答しており、昨年度調査と比較して約5ポイント不足の割合が上昇し、4年連続で悪化しています。業種別に見ると「宿泊・飲食業」「運輸業」「建設業」で人手不足感が強く、昨年調査と同様の結果となりました。

 

 また、本年の調査では「企業主導型保育事業」についても調査をしており、企業主導型保育事業の認知度について「事業内容をよく知っている」と回答した企業は僅か6.1%であり、「事業の名称のみ知っている」を合計しても半数に届かないことから、企業に認知されていないことが伺える結果となりました。

 

 

 

 詳細につきましては、下記資料をご覧ください。

 

 

 

 「人手不足等への対応に関する調査」集計結果https://www.jcci.or.jp/Laborshortagesurvey2018.pdf