トップページ > 中小企業関連情報 > 雇用・労働 > 若者・女性の活躍推進 > 第6回若者・女性活躍推進専門委員会を開催

若者・女性の活躍推進

第6回若者・女性活躍推進専門委員会を開催

 

 日本商工会議所は2月22日、第6回若者・女性活躍推進専門委員会(委員長=前田新造・東京商工会議所副会頭、全国の商工会議所役員等15名で構成)を開催、委員等14名が出席した。

 

 専門委員会ではまず、厚生労働省 雇用均等・児童家庭局職業家庭両立課長 蒔苗 浩司 氏から、育児・介護休業法等の見直しについて講演いただいた。

 

引き続き、事務局より「中小企業のための女性活躍推進ハンドブック」について説明後、意見交換を行った。

 

最後に、福島商工会議所の和合アヤ子委員より、同所が支援する「福島警察署の子育て未来推進室」の取り組みが紹介された。

 

 

 

○福島警察署の子育て未来推進室の立ち上げ~女性警察官の職場復帰を後押し

 

福島警察署は、出産・育児休業からの職場復帰を後押しすることを目的に、職務に関する情報を入手できる情報端末や資料を備えた子育て未来推進室(サポートルーム)を設置し、2月4日から運用を開始。子どもを連れてくることも想定されることから、福島地区警察官友の会(同所女性会メンバーなどで構成)がベビーベッドやベビーチェアを寄贈した。

 

 

 

○「中小企業のための女性活躍推進ハンドブック」

 

中小企業のための女性活躍推進ハンドブック.pdf(PDF版)

 

 

(講演する厚生労働省・蒔苗課長)