トップページ > 中小企業関連情報 > 消費税価格転嫁対策支援(消費税転嫁対策窓口相談等事業) > 「ケースで考える消費税率引上げ対策」(改訂版)を発行

消費税価格転嫁対策支援(消費税転嫁対策窓口相談等事業)

「ケースで考える消費税率引上げ対策」(改訂版)を発行

 

 この度、日本商工会議所では、消費税率引上げに伴う価格転嫁対策をわかりやすく解説した小冊子「ケースで考える消費税率引上げ対策」(改訂版)を発行いたしました。

 

 本小冊子は、消費税率10%への引上げが平成29年4月に延期されたことを踏まえ、作成ものです。中小企業がさらなる税率引上げを乗り越えられるように、駆け込み需要とその反動減、物流の混雑等、今回の税率引上げ前後に発生した様々な影響を振り返るとともに、価格表示、新商品開発、資金繰り、消費税転嫁対策特別措置法への対応等、業種別のケーススタディを掲載し、わかりやすく解説しております。

 

 なお、本小冊子は、各地商工会議所を通じて、全国の中小企業・小規模事業者へ無料で配布しています。

 

 ※小冊子(PDF形式)はこちらからダウンロードいただけます。

 http://www.jcci.or.jp/chusho/mihiraki_2015-6_hp.pdf