トップページ > 中小企業関連情報 > 「中小会計要領」を活用したベストプラクティス集作成事業が開始されます(中小企業庁)

中小企業関連情報

「中小会計要領」を活用したベストプラクティス集作成事業が開始されます(中小企業庁)

 中小会計要領は、中小企業の経営者の皆さまに、自社の経営状況の的確な把握や経営力・資金調達力などの強化に役立てていただくため、昨年2月に策定・公表された新たな会計ルールです。

 

 中小会計要領の広報・普及については、平成24年度~平成26年度の3年間に官民が連携して集中的に行うこととしております。平成25年度においては、中小企業者・小規模事業者の抱える諸課題に対し、中小会計要領を活用して改善を図るなど経営を良くした具体的な事例を発掘し、ベストプラクティスとして発信することで、中小会計要領の一層の普及・活用を促進することを目的として、中小企業庁(業務委託先:帝国データバンク)により、本事業が実施されることとなっております。

 

 事業概要および活用事例の応募要件等を含めた応募フォームは下記のURLをご参照願います。なお、応募期間は8/31(土)までとなっております。

 

 中小会計要領の活用事例を取りまとめる初の取り組みであり、今後の中小会計要領の普及・活用にも大きな意義を持つ本事業に、是非、積極的にご応募をいただきますようお願いいたします。

 

事業概要  :http://www.nikkansc.co.jp/seminar/kaikei2013/index.html

応募フォーム: https://www.nikkansc.co.jp/kaikei2013_entry/prg/form.cgi

 

<本件担当>

日本商工会議所 産業政策第一部 堀江、原

TEL:03-3283-7628

FAX:03-3213-8716

Email:sangyo1@jcci.or.jp