トップページ > 地域振興情報 > 東日本大震災復旧・復興支援情報 > 被災中小企業復興支援 再生PC寄贈プロジェクトについて

被災中小企業復興支援 再生PC寄贈プロジェクトについて

再生PC寄贈プロジェクト概要
東日本大震災被災地中小企業復興支援
再生PC寄贈プロジェクトについて
大学ICT推進協議会
東北六県商工会議所連合会
日本商工会議所
日本マイクロソフト株式会社

1.趣旨
 東日本大震災で被災した三県(岩手、宮城、福島)で事業再開に取り組む商工会議所会員中小企業の支援を目的に、現在大学で保有しているPCを、再生した上で中小企業に無償で提供する。

2.実施機関および各機関の役割

(1)大学ICT推進協議会ならびに協力高等教育機関
  •  大学ICT推進協議会は、加盟大学他への本事業への参加を要請する。
  •  協力高等教育機関は、使用完了状態にあるPCを、日本マイクロソフト株式会社との協力により再生作業を行ったうえで寄贈する。
(2)日本マイクロソフト株式会社
  •  PC再生に必要なソフトウェア(当面、最大4000台分)を無償提供し、協力高等教育におけるPC再生作業を支援する。
(3)日本商工会議所・東北六県商工会議所連合会ならびに被災地商工会議所
  •  被災地商工会議所は、被災中堅中小事業者からの再生PCの提供希望を募り、配布する。
  •  なお、再生PCの輸送費用等は、全国の商工会議所からの義援金を充当する。

3.実施スケジュール(予定)

(1)1月11日より、大学ICT推進協議会が高等教育機関(大学・短期大学・高等専門学校等)に本プロジェクトへの参加協力要請を開始。[1月11日記者発表資料]
(2)6月から被災地商工会議所より、会員中小企業に対して、再生PC提供希望を募集。[募集要項]/[申込書]
(3)6月1日に原町商工会議所(南相馬市)の事業所に寄贈
(4)以後、再生PCの収集状況に応じて、被災会員中小企業に対し提供する。